Rolfing® Structural Integration

ロルフィング®とは?

ロルフィング®ってなに?

ロルフィング®とは、重力と調和した美しいからだを取り戻す、身体再教育プログラムです。

「重力と調和したからだ」とはなにか?
例えば重い物を持ちあげるとき、小手先でやろうとすると、実際よりも重く感じたり腰を痛めたりしがちです。逆にからだを上手く使えると、実際よりも軽く感じたり、ラクに持ちあげたりすることができます。

からだも同じです。私たちは、この重力下で、自分のからだを毎日どのように持ち運んでいるでしょう?私たちの”使い方”によって、からだは重い荷物にも、軽やかなパートナーにもなりえます。重力下で適切に使えていれば、からだは本来の「快適で居心地のよい居場所」となり、さらに、見た目にもきれいです。

ところが多くの場合、ケガや生活環境などの外的要因や、文化・思考・トラウマ・ボディイメージ・思い込みなどの内的要因によって、私たちのからだは本来の姿から少しずつ離れて行ってしまいます。

ロルフィング®の創始者アイダ・ロルフ博士(1896~1979)は、からだを重力とバランスするために、全身にネットワーク上に張りらめぐされた筋膜に着目しました。今まで身に着けてきた動作や姿勢が記録されている筋膜の偏りを解放し、さらに、機能的なからだの動かし方を学ぶことで、重力と調和した快適な状態が持続することを発見したのです。筋膜は記憶の器官とも呼ばれ、過去の動作や姿勢のクセに気づき、手放して行く過程で、心理的な解放を体験することもあります。

ロルフィング®は、お子さまからご年配の方までどなたでも受けられますが、特にご自身のからだを自分で何とかしたい方、依存しないからだを手に入れたい方、からだについてもっと知りたい方、からだと意識の繋がりにご興味のある方にお勧めです。
まずは一度、体験してみてください(ロルフィング®は治療行為ではありません)。


アイダ・ロルフ博士
Dr. Ida Rolf
(ロルフィングの創始者)

セッションの様子

YouTube  /  Vimeo

お問合せ


からだについてのお悩み、
セッションについての
ご希望など、
お気軽にお聞かせください。

関連リンク

10シリーズとは?

ロルフィング®では、解剖学に基づいた10回のセッションで、全身を整えます。

  • Session1~3 : 表層部の緊張をゆるめて解放します。
  • Session4~7 : 深層部の   〃
  • Session8~9 : 下半身or上半身を体幹と繋げます。
  • Session10  : 上半身&下半身を繋げ、
               さらにからだ&重力を調和します。

からだは、不調を感じるところに、不調の原因があるとは限りません。からだを1つのシステムと考え、全身をまんべんなく使えるように調和すると、1ヶ所に集中していた負担が分散し、痛みや不調が軽減してラクで快適な状態が持続します。
各セッションは前のセッションの続きであると同時に、次のセッションの準備でもあります。

10回のセッションで構成されている利点は、全身くまなくその方に合った施術ができること(取りこぼしが少ないこと)、動作や姿勢のクセに気づき、手放していけることです。

Sessionゴール



1
楽に呼吸できるようにする。
準備のセッション。
2
地面にしっかり立てる足&脚を作る。
3
からだを前後に広げる。


4
脚を骨盤を介して腰椎に繋げる。
5
腹部・胸部の空間を広げる。
6
背骨を広げる。
7
頭蓋の空間を広げ、背骨の上に載せる。

8
下半身or上半身の動きを体幹と繋げる
9
10
水平性を確立し、全身を統合する。


初めてロルフィング®を受ける方には10シリーズがおすすめです。各セッションの間隔は、1~2週間が効果的。それを基準に、ご自身のライフスタイルに合わせて無理のない間隔で受けていただくと一番よいと思います。まずは一度、体験してみてください。



ページトップへ▲

Copyright (C) 2013 Natsuko Inakazu. All Rights Reserved.